便秘がちだと頭痛が起こる

便秘がちだと頭痛が起こる

便秘がちだと頭痛が起こる

便秘がちだと頭痛が酷くなることがあります。原因は大きく分けると3つありますが、以下で頭痛が起こる原因について解説していくことにしましょう。

 

まず1つ目は、血行が滞るからです。年齢を重ねていくと、新陳代謝が低下しがちとなりますが、便が溜まると腸の活動が滞ることから、全身の血行が悪くなっていきます。また、腸に溜まった便が毒素を放出し始めるため、その毒素が血液の中に溶け込んでしまい、頭痛を引き起こすこともあります。

 

2つ目は、腸の活動の低下です。腸の活動が低下すると、おのずと自律神経もバランスを崩し始めます。すると、全身の運動機能に悪影響を及ぼすため、偏頭痛を引き起こすことがあるのです。鎮痛剤によって痛みを軽減することはできますが、鎮痛剤の成分によっては便秘を悪化させる可能性があるため、悪循環となってしまいます。

 

3つ目は、悪玉菌の増加です。便が腸の中に溜まり続けると、悪玉菌が増殖してしまいます。その結果、体内の生理機能が低下し始めてしまうのです。便秘によるめまいや頭痛、腰痛は、悪玉菌の増殖も深く関係していると考えて良いでしょう。このように、便秘が原因で発症する頭痛は、腸内環境を整えることである程度解消することが可能です。

 

鎮痛剤に頼るのは、痛みを我慢できなくなった時だけに留めておき、まずは善玉菌を増やす努力をしたり、腸を自発的に動かすことができるよう、腹筋を鍛えるようにしましょう。それでも頭痛が緩和しない場合は、別のところに原因がある可能性も考えられますので、診察を受けることをお勧めします。

copyright 2017 症状固定後の治療費は請求できる?交渉は弁護士に任せる! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。