無添加シャンプーは何がいいのか

無添加シャンプーは何がいいのか

無添加シャンプーは何がいいのか

ストレスや生活習慣の乱れ、環境問題などから、抜け毛や頭皮のかゆみ、フケなどの頭皮トラブルに悩んでいる人が男女共に多くなったといいます。そこで注目されているのが、無添加シャンプーです。

 

一般的なシャンプーには、合成界面活性剤が使用されていることがほとんどです。洗浄力が強く低価格な反面、刺激も強く頭皮や髪に悪影響を与えてしまうといわれています。

 

頭皮が健康な人だと気付きませんが、弱った皮膚の人が使うとかゆみやフケの原因を作ってしまうのです。刺激が強い成分ですから、髪や頭皮に洗い残してしまうことでも薬剤で体に影響が出てきます。

 

使い続けるうちに、最悪の場合は抜け毛などにも発展してしまうことがあります。抜け毛が始まると、なかなか元には戻らないものです。そんなときにおすすめしたいのが、無添加シャンプーです。化学成分を排除した無添加シャンプーは、自然の成分をメインに作られています。

 

髪がごわついたりする使用感が最初には気になりますが、それが本来の髪の正常な姿なのです。ごわついた髪には、無添加のリンスを使うことで対策できます。レモン汁やお酢、クエン酸などを薄めてリンス液とすることもできるのです。

copyright 2017 症状固定後の治療費は請求できる?交渉は弁護士に任せる! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。